今の時代、援助交際するなら援交出会いアプリ、サイトが主流

援交の歴史も時代によって様々に変化してきました。

援助交際というものが出始めた初期の段階では、繁華街のゲームセンターやカラオケボックスなどでのナンパ。それからテレクラなどに出会いの場所を変え、出会い系サイトへ。

更にはSNSなどと法律や条例の変化によって、取り締まりが厳しくなったということもあり、どんどんと進化していった歴史があります。

そして現在、援交を求める男女が出会いの場として利用しているのが援交アプリ、サイトです。

援交相手と出会えるおすすめサイト紹介、都道府県別で探せるので可能性大【18禁】

管理人が募集した利用者の口コミ

失敗しない援助交際するための正しいアプリの選び方は?

援交アプリというのは援交相手を見つけるためにとても有効な手段ですが、その数はかなり多くあります。

そして、それぞれ特徴も違いますし、信頼度のようなものも異なっています。

ですから、正しい選び方をして、安全に、素敵な援交相手を見つけられるようにしたいですよね。

では、どうやって援交アプリを選べばいいのか?

紹介していきたいと思います。

知名度の高い、会員数が多いサイトの方が信頼できる

信頼できる援交アプリの選び方として、知名度の高さと会員数の多さというポイントがあります。

一般的に知名度の高いものを選べば、会員数もそれに比例して多いので、この2つはセットで考えてもらって良いと思います。

しかし、なぜそういったところを選ばないといけないのか?というと、知名度が高いところの方が信頼できるからできるからです。

そもそも知名度が高くなったということは、「出会える」から会員数を伸ばし、口コミなどで高評価を得てきたからということになるのです。

結果的に知名度が高くなってきた理由を考えたときに、それは利用者にとって望ましい部分が多くあり、それが信頼を得てきたからということも言えるのです。

また、知名度が高い援交アプリは何か問題が起きたとしたら、それが広まりやすいということも言えます。

利用者がほとんどいない、誰も知らないサイトが不祥事を起こしても、誰も注目しませんが、名が知られているところはマスコミが嗅ぎつけるので、運営側は問題が起きないように日ごろから気を遣っていかないといけないので、そこも安心材料と言えます。

さらに言えば、会員数が多ければ多いほど選ぶ相手の選択肢もたくさんあって、自分好みの女性が見つかる可能性も高いので、そこも好材料と言えます。

運営会社の情報や利用規約の存在をチェックしておこう

悪徳な会社が運営する援交アプリの場合、会社そのものが存在しないという可能性もあります。

だから、会社の所在地が明記されているのか?というのはきちんと確認しないといけません。

また、利用規約に関しても、まともな会社であれば利用者の安全に配慮して、きちんと、丁寧に作っているはずなので、それもチェックしておくと良いでしょう。

  • 一般的に考えて問題のない内容が書かれているか?
  • 利用者の安全に寄与するものであるのか?

などをチェックすると、まともな援交アプリか?どうか判断がしやすいはずです。

料金体系は細かく見ていかないといけない

  • 無料でできる部分と有料になる部分の線引きが、きちんと明確に表示されているか
  • 有料の部分は何にお金がかかるのか?

これらがきちんと明記されていることが重要です。

利用者にとって特に重要な部分は料金で、何にお金がかかるのか?いくらとられるのか?という部分はサプリごとに違いがあるのです。

だから、利用後に後悔する可能性もありますから、そういった失敗をしないように料金体系はしっかりと、事前に把握しておくようにしましょう。

セキュリティやユーザーサポートの充実度も重要

援交アプリは個人情報を取り扱うことも多く、それらが流出すると、そこの会員が被害を受けることになります。

そうならないようにセキュリティがしっかりしているところを選びましょう。

具体的にどういった取り組みをしているのか、を掲載しているところを選び、より充実しているところを、最終的に選定すると良いと思います。

あとは、利用規約に反する人や冷やかし、不審者などをチェックする体制についてもチェックしてほしいです。

援交アプリによっては24時間体制で監視しているところもあるので、そういった取り組みがあるか、どうかのチェックは重要になります。

ユーザーサポートについては、援交アプリの使い方などに関して分からないとき、困ったときにどのようなサポートをしてくれるのか?をチェックすると良いと思います。

これは援交アプリごとの口コミやアプリ上に書かれていることを参考にして、どこが最も信頼が置けそうか?を判断すると良いのです。

ネット上の援交掲示板、援交サイトも効果的なツール

援助交際アプリを利用しての相手探しだけも十分に効果的ですが、ネット上にある援交掲示板、援交サイトも併用して相手探しをする方が、女の子と巡りあう可能性がさらに高まります。

それは何故かと言うと、アプリと掲示板、そしてサイト、それぞれのメリット、デメリットを補えているからなのです。

ではどういうことなのかを説明していきたいと思います。

出会い系サイトと援交に特化した掲示板やサイトを利用する際の違いとは

運営元が同じ場合が多く、アプリと掲示板、サイトに互換性がある

援交アプリと掲示板、援交サイトが連動していることが多く、手間を掛けずに利用できます。

例えば、アプリで設定した自分のプロフィールが援交掲示板やサイトでも使えます。

そうするとプロフィールをまた一から設定する手間が省けます。

また、援交掲示板、サイトでの下書きメール、下書きカキコミがアプリでも保存、編集できます。

その他にも様々な機能に互換性があります。

いつでもどこでもできるアプリ、大量データが扱える掲示板、サイト

アプリを使うメリットの一つに、利用する場所、時間を選ばないという点があります。

スマホさえ持っていたら、いつでもどこでもアプリを起動させ、援交相手探しができます。

しかし、アプリだと文字が小さい、アプリの操作が難しいという人がいるのも事実です。

そんな時は援交掲示板や援交サイトを利用すれば良いのです。

更にPCを利用した援交掲示板、サイトを利用する場合、写真や動画を用いたやり取りも可能になります。

アプリ、掲示板、サイトのヴィジュアル、使い方がほぼ同じ

shutterstock_126032102-min (1)

また、援交アプリと援交掲示板の見た目、サイトデザイン、使い方がほぼ同じであるという点も、決して小さくないメリットと言えます。

これは意外なことかもしれませんが、使い慣れているものから、別のものに変える場合、どの場所に、何があって、どんな機能があるということを把握するのはストレスです。

当然、説明書きはありますが、それで100%把握するのは難しいです。

新しいものに変えた際の、探り探りやっていく段階が省かれるのは時間的にも、精神的にも楽だと言えます。

援交掲示板と援交サイト。その違いはあるのか?

援交掲示板と援交サイト

普段、何気に使っている、または知っている言葉ですが、その違いは一体何でしょうか。

どちらを利用した方が、効率良く相手探しができるのでしょうか。

その答えを導きだすには、時を遡らなければなりません。

shutterstock_220240366-min

時はインターネット草創期。

パソコンがある一般家庭がまだまだ珍しい時代にまで遡ります。

その時代から少しずつインターネット上の環境が整い始め、ユーザーが求める情報を提供するサイトや企業や個人がPRするためのサイトが誕生しました。

もっと具体的に言うと、前者が検索エンジンサイト、料理レシピサイトや地図サイト。

後者が企業サイトや個人ブログなどです。

こうして時の経過と共に、様々なサイトが誕生していきました。

そして、ある時からサイトの管理人、制作者とユーザーが、またはユーザー同士で直接やり取りできる機能。掲示板が誕生したのです。

同じ趣味や興味のある事柄のサイトに訪問したユーザーなので掲示板はかなり盛り上がるものとなったのです。

つまり、掲示板はサイトの機能の一つに過ぎないものだったのです。

しかし、今ではその明確な違いは全く無いに等しいです。

掲示板やサイトでもユーザーが求めるものは同じだからです。

サイトの一つの機能に過ぎなかった掲示板ですが、掲示板でもサイトのような付加価値を付けることで、それがユーザーの求めるものであって、その結果、掲示板とサイトの違いが無くなっていくのです。

援助交際の相手を探す場合においても、援交掲示板と援交サイト、どちらを利用した方がいいのか、と迷っている時間は無駄と考える方が賢いです。

それよりも、

  • どういったアプローチ方法で相手を探した方が効率的なのか
  • 気に入ってもらえる文章はどういったものがいいのか
  • どのような相手を選んだ方が援交しやすいのか

ということを熟考し、そしてその技術を磨く方が、遥かに効率的な援交相手探しだと考えます。

LINEという無料ツールを使いこなせ

今やその人気は留まる所を知らず、最早、多くの人にとってスタンダードアプリとなっているLINE

説明不要と言っても過言ではなく、ほとんどの人が使っているでしょう。

このLINEは援交の現場でも当然、広く活用されています。

※LINEの公式サイトはコチラから

メアド交換と比べて敷居が低い

LINEの大きな機能に無料チャットメールと無料通話があります。

この二つで援交したい女の子とやり取りするのです。

ここまでLINEが流行っている理由の一つに、メアド交換、電話番号交換よりも敷居が低いという所にあります。

「メアド教えて」、「番号交換しよう」と女の子に言うよりも、「LINE交換しよう」と言う方が、女の子の警戒心が低くなります。

また無料通話もできるので、時間があれば、料金を気にすることなく通話ができるので、信頼感を上げるために利用されています。

LINEid交換掲示板なるものも出てきた

このようなLINEの流行も手伝ってか、最近ではLINEidを交換できる掲示板なるものが登場しています。

そこでも援助交際したい女の子との出会えるのです。

LINEidを交換したいと思ったら、まずは掲示板を介してのやり取りで、信頼感を得なければなります。そこでいい感触が得られたならLINEid交換の流れとなります。

先ほどの言った通り、敷居が低いので、意外と思うほど交換できる可能性が高いです。

「根気強く」を忘れずに、念頭に置いて、楽しんでください。

援助交際は今の時代でも存在している

shutterstock_156464144-min

昔、社会問題になった援助交際。

援助交際とは何かというと、男性がお金と引き換えに女性を買って、その女の子とデートしたり、エッチなことして遊んだりするものを言います。

援交はどのくらい必要なのか把握しておくことの重要性

1990年代からその言葉は出始め、現在でもその言葉は影響力を持っています。

他人とのコミュニケーションツールとしてポケベルやテレクラが、流行の最先端だった当時、若い女の子と成人男性が出会い、お金を介して色々な関係を築くという事が援助交際の始まりでした。

時が経つにつれ、その温床であったテレクラやポケベルが衰退し、また、援助交際の流行に歯止めをかけるべく法律も整備され、徐々にその言葉も、「表立って」聞かなくなりました。

しかし、昨今のネットの充実さや携帯電話、スマホの台頭により、援助交際は流行の兆しを見せてきているのです。

援助交際が流行した当時、問題となった理由は未成年女の子とのやり取りをしていたからです。

つまり、成人女性と援助交際したら全く問題なく楽しめるものなのです。

今や女性が相手を募集しているくらいです。

いつでも、どこでも、誰とでも相手探しが可能なので、このウィンウィンの関係である援助交際は多くの人から、今でも必要とされています。

どういった世代の女の子がやるのか

では援助交際はどういった女の子がやっているのでしょうか。

無職の女の子はもちろん、ちゃんとした仕事を持っている女の子、さらには人妻や熟女と呼ばれる女性も援交相手探しをしています。

また、未成年の女の子が援交募集している場合も多いです。

男性ユーザーはこういった未成年女の子を絶対的避ける必要があります。

援助交際する理由

一番はやはりお金です。

今より稼ぎたい、より多くの収入を手にしたいといった理由があります。

お金稼ぎが目的なら、女の子は何故、援交ではなく、風俗やキャバクラなどで働かないのでしょうか。

それは、援交相手を選びたいという点にあります。

風俗やキャバクラなどであれば、相手の男性を選ぶことは不可能です。

一方、援交であれば相手を選ぶことができます。

嫌なら断ったり、無視できたりするので気軽に遊び感覚でできます。

未成年との援交は絶対にいけない

shutterstock_408575830-min

十分に意識、注意をしてほしいことですが、未成年との援助交際は犯罪に当たります。

長野県を除く各都道府県に青少年育成保護条例が制定されているので、それに抵触する場合があります。

長い目で見て考えたら、未成年との援交はデメリットしかないです。

条例違反のリスクが常にあり、それがバレると罰金、懲役の他にも実名報道によって広がる社会的制裁も受けます。

ノーリスクの成人女性を相手にした方が、遥かに安心して追い求めることができるのです。

援助交際は違法、犯罪になるのでしょうか??

援助交際に関する法律について、関連性の高いものを二つ紹介したいと思います。

援交を心から安全に楽しむためには、是非、一読しておいて欲しいコンテンツです。

児童売春・児童ポルノ処罰法

援助交際は、相手が未成年であれば、児童売春・児童ポルノ処罰法違反となり、5年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金という重い刑罰が科されます。

この法律での「児童」の定義は「18歳未満の男女」としています。

児童に対償を供与し、又はその供与の約束をして、性行為や性交に類似する行為を、この法律では禁止しています。

未成年との援助交際はこれに抵触し、法律違反となるのです。

成人男性と未成年女性がいけないのと同様に、成人女性と未成年男性、成年女性と未成年女性、成年男性と未成年男性も同じく適用されます。

児童買春・児童ポルノ禁止法とは?

出会い系サイト規制法

出会い系サイト規制法も援助交際に関する法律です。

出会い系サイト規制法での「出会い系サイト」とは、面識のない異性との交際を希望する者の情報を公衆が閲覧できるサービスを提供しており、また、交際希望者同士を電子メール等を利用して、相互に連絡することができるようにするサービスをいいます。

出会い系掲示板、出会い系アプリであっても「出会い系サイト」に該当します。

この法律は、児童(上記同様18歳未満の男女)に対して交際を求める書き込みをした者を罰するものです。

出会い系サイトとはいえ、あからさまに18歳未満だと分かる相手はいますが、そういった者に対してやり取りし始めるのは良くないということです。

この法律のポイントとしては、実際に会う段階ではなく、児童に対して書き込みした時点で違反となります。

出会い系サイト規制法とは?

18歳未満の人が「18歳未満ではない」と偽った場合は

shutterstock_171433697-min
相手が未成年かどうかの分からない場合、まずは年齢の確認をしましょう。

ネット上でのやり取りは年齢確認が難しいですが、年齢確認しないことが成年者の「過失」(ミス)に当たる可能性があります。

例えば、ここで相手が18歳以上である年齢を偽れば「虚偽表示」となり、間違いが起きたとしても、この虚偽表示を盾にできます。

実際に会ったとしても、同様です。

まずは年齢を確認できるものを見せてもらいましょう。

もちろん、運転免許証など公的機関が発行しているものです。

そしてそういったものを提示できない女の子とは、やり取りをやめることをおすすめします。

安心して、安全に援助交際したいのであれば、そういった女の子は避ける方がベターなのです。

年齢確認は必須事項だと、強く意識しましょう。

結局、責任ある成人同士であれば問題なし

他にも、各地方自治体が制定する青少年健全育成条例もありますが、同様に18歳未満の男女とのやり取りを禁止するものです。

成年者と未成年者との不健全な接点を無くすための法律です。

つまり、分別がつき、責任が持てる成人男女の援助交際であれば問題ないのです。

実際に会う前に、相手が未成年かどうかの判断は難しいと思いますが、慎重に相手探しをしていれば、自ずと分かってくるものだと思います。

そして実際に会ったとしても冷静な判断で、怪しいと思う相手との関係を絶つ決断力が求められます。

援助交際という犯罪と断定するのが難しい

例えば、援助交際関係にある男女が居るとします。

しかし、それが犯罪であると断定するのは難しいです。

その男女の証言で「私たち友達だよ」、「ちょっと困っていて、助けてもらったんだ」と言えば、それで済むことだからです。

  • 「友達」関係の男女の助け合い
  • 「援助交際」関係の男女の助け合い

一見するとこの差は分からないものです。

「友達関係の男女で、相談に乗ってもらっている」という状況はどこでもあり得ることです。

余程、怪しい行動や素振りをしていない限りは、それほど目立つ行為ではありません。

しかし、どちらか一方が未成年である場合は話は変わってきます。

成年者と未成年者が二人で一緒に居るという状況は、家族でない限りは、そうそうにあり得えません。

また、法律や条例で未成年とのやり取りのみですら、規制されている現代です。

未成年者との援助交際は犯罪となる可能性が高いです。

しかし、成人同士であれば、特に問題ないというところはこういった所にあるのです。

サイトマップ

公開日:2015年7月30日