今の時代、援助交際するなら出会い系サイト、掲示板、アプリが主流

援助交際

援交の歴史も時代によって様々に変化してきました。

援助交際というものが出始めた初期の段階では、繁華街のゲームセンターやカラオケボックスなどでのナンパ。

それからテレクラなどに出会いの場所を変え、出会い系サイトへ。

更にはSNSなどと法律や条例の変化によって、取り締まりが厳しくなったということもあり、どんどんと進化していった歴史があります。

そして現在、援交を求める男女が出会いの場として利用しているのが援助交際できる出会い系サイト、援交サイト、掲示板、アプリです。

援交相手が探せる厳選出会い系サイト

イククル Jメール ワクワクメール
料金 1P=約10円 1P=約10円 1P=約10円
初回無料ポイント 最大80P 最大80P 最大120P
利用している
女性の傾向
女子大生/OL 女子大生/OL 女子大生/OL/人妻/熟女
会員数 1300万人以上 600万人以上 850万人以上
運営歴 19年以上 18年以上 19年以上
会員の年齢層 20代~30代 20代~40代 20代~40代
公式サイト イククルの
公式サイト
Jメールの
公式サイト
ワクワクメールの
公式サイト

援交相手と出会えるおすすめサイト、掲示板、アプリ10選

援交サイト 掲示板 アプリ

イククル

イククル

イククルは若い女性が圧倒的に多い点が特徴と言えます。

第三者認証を取得しているため、個人情報保護法を遵守する体制で運営しています。

そのため「援助交際したいけれど出会い系サイト・アプリに登録するのはちょっと怖い」と思っている男性でも安心して利用することができますよ。

イククルを利用している若い女性はギャルか風俗嬢です。

ギャルと援助交際したい男性や、一般人の女性とのセックスではもう満足できない男性にイククルでの援交相手探しはすごく向いています。

普段の生活では中々出会うことのないギャルや風俗嬢との関係に憧れている男性にとっては、夢の様な出会い系サイト・アプリです。

主な料金
1pt=約10円

書き込みの一覧を見る 0pt
書き込みの内容を見る 1pt
女性のプロフィールを見る 0pt
メッセージを送る 5pt
掲示板の画像を見る 2pt
日記を書く 0pt
日記を読む 0pt
女性の日記にコメントを書く 0pt
女性が投稿した動画を見る 5pt
お返事を読む 0pt
フリートーク 5pt~/20秒

イククルの口コミ評判、詳細

Jメール

Jメール

Jメールは20代の女性を中心に会員数は600万人越えの出会い系サイト・アプリです。

男性会員よりも女性会員の方が多いのが特徴と言えます。

Jメールではキャッシュバック目的で利用している女性を見つけ次第、運営側が退会させるので安心して援交相手を求められるのも特徴と言えるでしょう。

Jメールには20代が40%、30代が30%、40代が20%、その他10%というユーザー層のため、「若い女の子と援交したい」、「1度でいいから若い女の子とセックスしたい」という男性にピッタリの出会い系サイト・アプリです。

日頃、若い女の子と関わりがない男性でも、若い女の子との援助交際を楽しむことができます。

主な料金
※1pt=約10円

女性のプロフィールを見る 無料
女性のプロフィールの画像を見る 3pt
掲示板に投稿する 5pt
女性が投稿した記事を見る 1~3pt
女性が投稿した画像を見る 3pt
女性が投稿した動画を見る 5pt
メールを送る(1通) 7pt
受信されたメールを見る 無料
メールに添付されている画像を見る 3pt
メールに添付されている動画を見る 5pt

ワクワクメール

ワクワクメール

ワクワクメールの特徴としては、20代の女性が約5割を占めているという点です。

900万人以上の会員がいるため、好みの援交相手を見つけやすいのも特徴と言えるでしょう。

また、ワクワクメールは24時間365日サイト内パトロールが行われており、困ったことや疑問に思ったことに対応してくれるカスタマーサポートも24時間365日メール又は電話で対応してくれます。

そのため、「援助交際の約束をしていたのにいきなり連絡が取れなくなった」、「会う直前になったら酷いことを言われた」などという困り事にも相談相談できちゃいます。

周囲の人には相談しにくい悩みでも、カスタマーサポートに連絡をすれば解決に導いてくれるのですごく助かりますよね。

基本的に、ワクワクメールは恋愛系マッチングサービスです。

ですが、20代女性が約5割を占めているため、「援交関係が欲しい」、「人には言えないイケないことをしてみたい」という、大人に憧れている若い女性が少なからず利用しています。

こうしたことから、ワクワクメールでは経験は少ないけれど人には言えないような大人の関係を望んでいる、エッチな若い女性を援交相手にすることができます。

主な料金
1pt=10円

受信したメールを読む 0pt
募集書き込みを見る 1pt
書き込む 0pt
募集画像を見る 2pt
募集動画を見る 3pt
メールを送る 5pt
音声メッセージを聞く 5pt
音声メッセージを送る 5pt
電話をかける 3pt/15秒
電話を受ける 4pt/15秒
女性のプロフィールを見る 0pt
女性のプロフィール動画を見る 3pt
女性のプロフィール画像を見る 2pt

ワクワクメールの口コミ評判、詳細

ハッピーメール

ハッピーメールは、遊びはもちろん、恋人探しといった幅広い出会いを探すことができる出会い系サイト・アプリです。

特徴としては国内最大級の会員数で2500万人以上登録しているため気軽な出会いに最適です。

また、メールが1通50円、プロフィールの閲覧が0円など、安い料金なのも特徴と言えます。

援交相手は欲しいけれど、「金銭的に余裕のない」という男性でも利用しやすいです。

ハッピーメールでは自分好みの援交相手を探すことができます。

というのも、ハッピーメールでは真剣な出会いよりも遊びや友達探しで利用している人が非常に多く、その中で好みのタイプを探せるようになっています。

年齢層としては20代が53%、30代が25%、40代以上が14%、その他が7%です。

容姿はもちろん、顔やスタイル、年齢など自分好みの援交相手探しには最適な出会い系サイト・アプリになっています。

主な料金

メールの受信 0円
メールの閲覧 0円
メールの送信 50円
掲示板の閲覧 10円
掲示板への書き込み 50円
女性のプロフィール閲覧 0円
女性のプロフィール写真閲覧 20円
女性のプロフィール動画閲覧 50円
女性のプロフィールにいいねの送信 10円
日記の投稿 0円
女性の日記閲覧 0円
女性の日記にコメント 0円

ハッピーメールの口コミ評判、詳細

ユニバース倶楽部

ユニバース倶楽部

ユニバース倶楽部とは、月間入会数約1500名以上の完全合法な愛人紹介会員制グループです。

このサイトは一般的な出会い系サイト・アプリとは少し違った感じです。

というのも、47都道府県どこからでも利用でき、ユニバース倶楽部のスタッフが男性会員と魅力的な女性会員とのデートをセッティングしてくれます。

1日だけでも大人の恋を楽しみたいと思っている男性に、ピッタリの出会い系サイト・アプリです。

ユニバース倶楽部は疑似デートを楽しむものなので、利用したからといって援交関係になれるということではありません。

利用していく内にお互いが援交関係を望んだ時に初めて、契約以外で会えるといった感じです。

利用回数を重ねていく内に、運が良ければ、すごく綺麗で素敵な女性と援交関係に繋がる可能性があります。

主な料金

スタンダードプラン ゴールドプラン プラチナプラン ブラックプラン
入会金 3万円 5万円 10万円 30万円
年会費 2万円 3万円 8万円 16万円
紹介料 2万円 3万円 5万円 8万円~

ユニバース倶楽部の口コミ評判、詳細

PCMAX

PCMAXの特徴としては、出会いに対して積極的な女性が多い出会い系サイト・アプリです。

会員数は1500万人以上なのですが、その内の60万人以上が出会いを求めて積極的に活動していて、出会い目的の募集書き込みは月間で85万件以上あります。

職場や学校、日常生活の中で出会いが中々ない人がPCMAXを利用することで、毎日新しい出会いをすることができます。

掲示板を上手く活用すれば希望の援交相手を募集・検索することができちゃいます。

PCMAXでは、良い意味で、ガツガツとした積極的な女性と援助交際できます。

女性側も援交相手を求めて積極的に活動していることも多く、男女の条件が合えばすぐに会うことができますし、相性が良ければ継続したセフレ関係になることも可能です。

「援交相手は欲しいけれど積極的に行動できない」という消極的な男性に、特にオススメの出会い系サイト・アプリになります。

主な料金
※1pt=約10円

受信メールを読む 0pt
掲示板の書き込みを見る 1pt
掲示板に書き込む 5pt
過去の書き込みを掲示板に再投稿する 5pt
女性が投稿した写真を見る 3pt
メールを送信する 5pt
女性に写真を送る 0pt
女性の日記を読む 0pt
日記を書く 0pt
女性の日記に感想メッセージを書く 5pt
女性のプロフィール閲覧 1pt
女性のプロフィール写真を見る 3pt
女性のプロフィールからメッセージを送る 5pt
女性のアルバムを見る 3pt

PCMAXの口コミ評判、詳細

YYC

YYC

YYCの特徴は、会員数が2000万人以上いて、理想の援交相手が見つかるだけではなく無料コンテンツで気軽に交流ができたり、お金をかけずに出会うこともできる出会い系サイト・アプリです。

47都道府県と海外の女性も利用しているので、自分の好きな場所で援交相手を見つけることができます。

「料金を抑えて利用したい」、「各地に援交相手が欲しい」、「理想の援交相手と関係を持ちたい」という男性にピッタリの出会い系サイト・アプリです。

多くの出会い系サイト・アプリでも条件検索をすることができますが、YYCではかなり細かく条件設定をすることができます。

例えば、職業や休日、学歴や趣味趣向、お酒の有無やたばこの有無、車を所有しているかどうかや目的などの、条件設定して理想の援交女性を探し出せます。

自分が望んでいる理想そのものの女性と援助交際できて、体の相性も良ければ最高ですよね。

主な料金
※1ポイント=約1.08円

メッセージを送る 50pt
メッセージを読む 0pt
女性のプロフィールを見る 10pt
女性のプロフィール写真を見る 0pt
つぶやく 0pt
女性のつぶやきを見る 0pt
日記を書く 0pt
女性の日記を読む 0pt
女性の日記にコメントする 0pt

シュガーダディ

SugarDaddy

シュガーダディの特徴は夢や目標のある女性が多く登録している出会い系サイト・アプリです。

夢や目標があることから、パパ活に似た活動をしている20代、30代女性が多くいます。

シュガーダディに登録している女性のほとんどが学生やアルバイト、モデルや芸能関係の卵ばかりです。

そのため金銭的に苦しい女の子が多く、パパ活に似た活動をしています。

「夢を応援したいから援交したい」、「金銭的に余裕はあるから定期的な援交関係になって資金提供したい」という、お金に余裕のある男性に合っている出会い系サイト・アプリです。

シュガーダディでは比較的容姿の良い、若い女性の援交相手を見つけることができます。

モデルや芸能関係の卵の若い女性が多く登録していて、顔も体も文句の言いようがない子ばかりです。

夢や目標のために自分磨きを怠らない女性が多いので、一緒に街を歩く際は周囲に自慢したくなっちゃいますよ。

主な料金
※定額使い放題

1ヶ月プラン 5,980円
3ヶ月プラン 14,940円
6ヶ月プラン 23,880円

paddy67(パディロクナナ)

paddy67は、毎日1000組以上の出会いが生まれている出会い系サイト・アプリです。

会員の90%が24歳以下で、女子大生やモデル、グラビアアイドルやOLが多いのも特徴と言えるでしょう。

実名が公開されないニックネームや年齢確認必須化、24時間365日の監視や個人情報保護の強化を行っているので「若い女の子と援助交際したいけど未成年はイヤ」、「相手の女性に自分の本名入りのプロフィール画像をネットに拡散されたらどうしよう…」という不安もありません。

安心、且つ安全に、自分のプライバシーを守りながら楽しむことができます。

ロリコン好みの男性や若くて可愛い子と援交したい男性、女子大生と援助交際したい男性にすごく合っている出会い系サイト・アプリです。

20代の女性は援助交際を待っているので、男性からのアプローチで簡単に援交関係になれるかもしれません。

主な料金

1ヶ月プラン 10,800円
3ヶ月プラン 27,800円
6ヶ月プラン 48,800円
12ヶ月プラン 64,800円

ラブアン

ラブアンは、実際に会う前にオンライン顔合わせができる出会い系サイト・アプリです。

ラブアンに登録をしている女性の多くが援交目的で利用しているので、金銭的に余裕があって体の関係も持ちたい男性にピッタリの出会い系サイト・アプリになります。

「援助交際したいけど風俗に行くのはちょっと…」、「彼女はいらないけれど定期的にセックスがしたい」という男性におすすめです。

ラブアンでは本当の恋に発展しない女性と援助交際を楽しむことができます。

会員のほとんどが援交目的で利用しているので、「お金さえ貰えればいい」という考えの女性が多いです。

「定期的に会って好きになられても困る」、「疑似カップルみたいな関係は面倒」、「付き合ってもないのに束縛とかされたくない」と思っている男性に合った援交関係になれます。

主な料金
※月額制

ゴールド会員 月額5,000円
プラチナ会員 月額14,800円


失敗しない援助交際するための正しいの援交サイト、アプリ、掲示板の選び方は?

援交サイト、アプリ、掲示板の選び方

援交サイトというのは援交相手を見つけるためにとても有効な手段ですが、その数はかなり多くあります。

そして、それぞれ特徴も違いますし、信頼度も異なっています。

ですから、正しい選び方をして、安全に、素敵な援交相手を見つけられるようにしたいですよね。

では、どうやって援交サイトを選べばいいのか?

紹介していきたいと思います。

知名度の高い、会員数が多い援交サイトの方が信頼できる

信頼できる援交サイトの選び方として、知名度の高さと会員数の多さというポイントがあります。

一般的に知名度の高いものを選べば、会員数もそれに比例して多いので、この2つはセットで考えてもらって良いと思います。

しかし、なぜそういったところを選ばないといけないのか?というと、知名度が高いところの方が信頼できるからできるからです。

そもそも知名度が高くなったということは、「出会える」から会員数を伸ばし、口コミなどで高評価を得てきたからということになるのです。

結果的に知名度が高くなってきた理由を考えたときに、それは利用者にとって望ましい部分が多くあり、それが信頼を得てきたからということも言えるのです。

また、知名度が高い援交サイトは何か問題が起きたとしたら、それが広まりやすいということも言えます。

利用者がほとんどいない、誰も知らないサイトが不祥事を起こしても、誰も注目しませんが、名が知られているところはマスコミが嗅ぎつけるので、運営側は問題が起きないように日ごろから気を遣っていかないといけないので、そこも安心材料と言えます。

さらに言えば、会員数が多ければ多いほど選ぶ相手の選択肢もたくさんあって、自分好みの女性が見つかる可能性も高いので、そこも好材料と言えます。

運営会社の情報や利用規約の存在をチェックしておこう

悪徳な会社が運営する援交サイトの場合、会社そのものが存在しないという可能性もあります。

だから、会社の所在地が明記されているのか?というのはきちんと確認しないといけません。

また、利用規約に関しても、まともな会社であれば利用者の安全に配慮して、きちんと、丁寧に作っているはずなので、それもチェックしておくと良いでしょう。

  • 一般的に考えて問題のない内容が書かれているか?
  • 利用者の安全に寄与するものであるのか?

などをチェックすると、まともな援交サイトかどうかの判断がしやすいはずです。

料金体系は細かく見ていかないといけない

  • 無料でできる部分と有料になる部分の線引きが、きちんと明確に表示されているか
  • 有料の部分は何にお金がかかるのか?

これらがきちんと明記されていることが重要です。

利用者にとって特に重要な部分は料金で、何にお金がかかるのか?いくらとられるのか?という部分はサプリごとに違いがあるのです。

だから、利用後に後悔する可能性もありますから、そういった失敗をしないように料金体系はしっかりと、事前に把握しておくようにしましょう。

セキュリティやユーザーサポートの充実度も重要

援交サイトは個人情報を取り扱うことも多く、それらが流出すると、そこの会員が被害を受けることになります。

そうならないようにセキュリティがしっかりしているところを選びましょう。

具体的にどういった取り組みをしているのか、を掲載しているところを選び、より充実しているところを、最終的に選定すると良いと思います。

あとは、利用規約に反する人や冷やかし、不審者などをチェックする体制についてもチェックしてほしいです。

援交サイトによっては24時間体制で監視しているところもあるので、そういった取り組みがあるか、どうかのチェックは重要になります。

ユーザーサポートについては、援交サイトの使い方などに関して分からないとき、ったときにどのようなサポートをしてくれるのか?をチェックすると良いと思います。

これは援交サイトごとの口コミやサイト上に書かれていることを参考にして、どこが最も信頼が置けそうか?を判断すると良いのです。

ネット上の援交掲示板、援交サイトも効果的なツール

援助交際ツール

援助交際サイトを利用しての相手探しだけも十分に効果的ですが、ネット上にある援交掲示板、援交サイトも併用して相手探しをする方が、女の子と巡りあう可能性がさらに高まります。

それは何故かと言うと、サイトと掲示板、そしてサイト、それぞれのメリット、デメリットを補えているからなのです。

ではどういうことなのかを説明していきたいと思います。

出会い系サイトと援交に特化した掲示板やサイトを利用する際の違いとは

運営元が同じ場合が多く、サイトと掲示板、アプリに互換性がある

援交サイトと掲示板、援交アプリが連動していることが多く、手間を掛けずに利用できます。

例えば、アプリで設定した自分のプロフィールが援交掲示板やサイトでも使えます。

そうするとプロフィールをまた一から設定する手間が省けます。

また、援交掲示板、サイトでの下書きメール、下書きカキコミがアプリでも保存、編集できます。

その他にも様々な機能に互換性があります。

いつでもどこでもできるアプリ、大量データが扱える掲示板、サイト

アプリを使うメリットの一つに、利用する場所、時間を選ばないという点があります。

スマホさえ持っていたら、いつでもどこでもアプリを起動させ、援交相手探しができます。

しかし、アプリだと文字が小さい、アプリの操作が難しいという人がいるのも事実です。

そんな時は援交掲示板や援交サイトを利用すれば良いのです。

更にPCを利用した援交掲示板、サイトを利用する場合、写真や動画を用いたやり取りも可能になります。

援交サイト、掲示板、アプリのヴィジュアル、使い方がほぼ同じ

また、援交アプリと援交掲示板の見た目、サイトデザイン、使い方がほぼ同じであるという点も、決して小さくないメリットと言えます。

これは意外なことかもしれませんが、使い慣れているものから、別のものに変える場合、どの場所に、何があって、どんな機能があるということを把握するのはストレスです。

当然、説明書きはありますが、それで100%把握するのは難しいです。

新しいものに変えた際の、探り探りやっていく段階が省かれるのは時間的にも、精神的にも楽だと言えます。

援交掲示板と援交サイト。その違いはあるのか?

援交掲示板と援交サイト

普段、何気に使っている、または知っている言葉ですが、その違いは一体何でしょうか。

どちらを利用した方が、効率良く相手探しができるのでしょうか。

その答えを導きだすには、時を遡らなければなりません。

時はインターネット草創期。

パソコンがある一般家庭がまだまだ珍しい時代にまで遡ります。

その時代から少しずつインターネット上の環境が整い始め、ユーザーが求める情報を提供するサイトや企業や個人がPRするためのサイトが誕生しました。

もっと具体的に言うと、前者が検索エンジンサイト、料理レシピサイトや地図サイト。

後者が企業サイトや個人ブログなどです。

こうして時の経過と共に、様々なサイトが誕生していきました。

そして、ある時からサイトの管理人、制作者とユーザーが、またはユーザー同士で直接やり取りできる機能。掲示板が誕生したのです。

同じ趣味や興味のある事柄のサイトに訪問したユーザーなので掲示板はかなり盛り上がるものとなったのです。

つまり、掲示板はサイトの機能の一つに過ぎないものだったのです。

しかし、今ではその明確な違いは全く無いに等しいです。

掲示板やサイトでもユーザーが求めるものは同じだからです。

サイトの一つの機能に過ぎなかった掲示板ですが、掲示板でもサイトのような付加価値を付けることで、それがユーザーの求めるものであって、その結果、掲示板とサイトの違いが無くなっていくのです。

援助交際の相手を探す場合においても、援交掲示板と援交サイト、どちらを利用した方がいいのか、と迷っている時間は無駄と考える方が賢いです。

それよりも、

  • どういったアプローチ方法で相手を探した方が効率的なのか
  • 気に入ってもらえる文章はどういったものがいいのか
  • どのような相手を選んだ方が援交しやすいのか

ということを熟考し、そしてその技術を磨く方が、遥かに効率的な援交相手探しだと考えます。

LINEという無料ツールを使いこなせ

援交 LINE

今やその人気は留まる所を知らず、最早、多くの人にとってスタンダードアプリとなっているLINE

説明不要と言っても過言ではなく、ほとんどの人が使っているでしょう。

このLINEは援交の現場でも当然、広く活用されています。

※LINEの公式サイトはコチラから

メアド交換と比べて敷居が低い

LINEの大きな機能に無料チャットメールと無料通話があります。

この二つで援交したい女の子とやり取りするのです。

ここまでLINEが流行っている理由の一つに、メアド交換、電話番号交換よりも敷居が低いという所にあります。

「メアド教えて」、「番号交換しよう」と女の子に言うよりも、「LINE交換しよう」と言う方が、女の子の警戒心が低くなります。

また無料通話もできるので、時間があれば、料金を気にすることなく通話ができるので、信頼感を上げるために利用されています。

LINEid交換掲示板なるものも出てきた

このようなLINEの流行も手伝ってか、最近ではLINEidを交換できる掲示板なるものが登場しています。

そこでも援助交際したい女の子との出会えるのです。

LINEidを交換したいと思ったら、まずは掲示板を介してのやり取りで、信頼感を得なければなります。そこでいい感触が得られたならLINEid交換の流れとなります。

先ほどの言った通り、敷居が低いので、意外と思うほど交換できる可能性が高いです。

「根気強く」を忘れずに、念頭に置いて、楽しんでください。

援助交際は今の時代でも存在している

援助交際は今の時代でも存在している

昔、社会問題になった援助交際。

援助交際とは何かというと、男性がお金と引き換えに女性を買って、その女の子とデートしたり、エッチなことして遊んだりするものを言います。

援交はどのくらい必要なのか把握しておくことの重要性

1990年代からその言葉は出始め、現在でもその言葉は影響力を持っています。

他人とのコミュニケーションツールとしてポケベルやテレクラが、流行の最先端だった当時、若い女の子と成人男性が出会い、お金を介して色々な関係を築くという事が援助交際の始まりでした。

時が経つにつれ、その温床であったテレクラやポケベルが衰退し、また、援助交際の流行に歯止めをかけるべく法律も整備され、徐々にその言葉も、「表立って」聞かなくなりました。

しかし、昨今のネットの充実さや携帯電話、スマホの台頭により、援助交際は流行の兆しを見せてきているのです。

援助交際が流行した当時、問題となった理由は未成年女の子とのやり取りをしていたからです。

つまり、成人女性と援助交際したら全く問題なく楽しめるものなのです。

今や女性が相手を募集しているくらいです。

いつでも、どこでも、誰とでも相手探しが可能なので、このウィンウィンの関係である援助交際は多くの人から、今でも必要とされています。

どういった世代の女の子がやるのか

では援助交際はどういった女の子がやっているのでしょうか。

無職の女の子はもちろん、ちゃんとした仕事を持っている女の子、さらには人妻や熟女と呼ばれる女性も援交相手探しをしています。

また、未成年の女の子が援交募集している場合も多いです。

男性ユーザーはこういった未成年女の子を絶対的避ける必要があります。

援助交際する理由

一番はやはりお金です。

今より稼ぎたい、より多くの収入を手にしたいといった理由があります。

お金稼ぎが目的なら、女の子は何故、援交ではなく、風俗やキャバクラなどで働かないのでしょうか。

それは、援交相手を選びたいという点にあります。

風俗やキャバクラなどであれば、相手の男性を選ぶことは不可能です。

一方、援交であれば相手を選ぶことができます。

嫌なら断ったり、無視できたりするので気軽に遊び感覚でできます。

未成年との援交は絶対にいけない

十分に意識、注意をしてほしいことですが、未成年との援助交際は犯罪に当たります。

長野県を除く各都道府県に青少年育成保護条例が制定されているので、それに抵触する場合があります。

長い目で見て考えたら、未成年との援交はデメリットしかないです。

条例違反のリスクが常にあり、それがバレると罰金、懲役の他にも実名報道によって広がる社会的制裁も受けます。

ノーリスクの成人女性を相手にした方が、遥かに安心して追い求めることができるのです。

援助交際は違法、犯罪になるのでしょうか??

援助交際に関する法律について、関連性の高いものを二つ紹介したいと思います。

援交を心から安全に楽しむためには、是非、一読しておいて欲しいコンテンツです。

児童売春・児童ポルノ処罰法

援助交際は、相手が未成年であれば、児童売春・児童ポルノ処罰法違反となり、5年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金という重い刑罰が科されます。

この法律での「児童」の定義は「18歳未満の男女」としています。

児童に対償を供与し、又はその供与の約束をして、性行為や性交に類似する行為を、この法律では禁止しています。

未成年との援助交際はこれに抵触し、法律違反となるのです。

成人男性と未成年女性がいけないのと同様に、成人女性と未成年男性、成年女性と未成年女性、成年男性と未成年男性も同じく適用されます。

児童買春・児童ポルノ禁止法とは?

出会い系サイト規制法

出会い系サイト規制法も援助交際に関する法律です。

出会い系サイト規制法での「出会い系サイト」とは、面識のない異性との交際を希望する者の情報を公衆が閲覧できるサービスを提供しており、また、交際希望者同士を電子メール等を利用して、相互に連絡することができるようにするサービスをいいます。

出会い系掲示板、出会い系アプリであっても「出会い系サイト」に該当します。

この法律は、児童(上記同様18歳未満の男女)に対して交際を求める書き込みをした者を罰するものです。

出会い系サイトとはいえ、あからさまに18歳未満だと分かる相手はいますが、そういった者に対してやり取りし始めるのは良くないということです。

この法律のポイントとしては、実際に会う段階ではなく、児童に対して書き込みした時点で違反となります。

出会い系サイト規制法とは?

18歳未満の人が「18歳未満ではない」と偽った場合は

shutterstock_171433697-min
相手が未成年かどうかの分からない場合、まずは年齢の確認をしましょう。

ネット上でのやり取りは年齢確認が難しいですが、年齢確認しないことが成年者の「過失」(ミス)に当たる可能性があります。

例えば、ここで相手が18歳以上である年齢を偽れば「虚偽表示」となり、間違いが起きたとしても、この虚偽表示を盾にできます。

実際に会ったとしても、同様です。

まずは年齢を確認できるものを見せてもらいましょう。

もちろん、運転免許証など公的機関が発行しているものです。

そしてそういったものを提示できない女の子とは、やり取りをやめることをおすすめします。

安心して、安全に援助交際したいのであれば、そういった女の子は避ける方がベターなのです。

年齢確認は必須事項だと、強く意識しましょう。

結局、責任ある成人同士であれば問題なし

他にも、各地方自治体が制定する青少年健全育成条例もありますが、同様に18歳未満の男女とのやり取りを禁止するものです。

成年者と未成年者との不健全な接点を無くすための法律です。

つまり、分別がつき、責任が持てる成人男女の援助交際であれば問題ないのです。

実際に会う前に、相手が未成年かどうかの判断は難しいと思いますが、慎重に相手探しをしていれば、自ずと分かってくるものだと思います。

そして実際に会ったとしても冷静な判断で、怪しいと思う相手との関係を絶つ決断力が求められます。

援助交際という犯罪と断定するのが難しい

例えば、援助交際関係にある男女が居るとします。

しかし、それが犯罪であると断定するのは難しいです。

その男女の証言で「私たち友達だよ」、「ちょっと困っていて、助けてもらったんだ」と言えば、それで済むことだからです。

  • 「友達」関係の男女の助け合い
  • 「援助交際」関係の男女の助け合い

一見するとこの差は分からないものです。

「友達関係の男女で、相談に乗ってもらっている」という状況はどこでもあり得ることです。

余程、怪しい行動や素振りをしていない限りは、それほど目立つ行為ではありません。

しかし、どちらか一方が未成年である場合は話は変わってきます。

成年者と未成年者が二人で一緒に居るという状況は、家族でない限りは、そうそうにあり得えません。

また、法律や条例で未成年とのやり取りのみですら、規制されている現代です。

未成年者との援助交際は犯罪となる可能性が高いです。

しかし、成人同士であれば、特に問題ないというところはこういった所にあるのです。

援助交際は犯罪?違法?安全に楽しむために知っておくべき合法、違法のライン

サイトマップ

更新日:

Copyright© 援交(円光)サイト、掲示板、アプリと言われる出会い系サイト紹介 | セフレや割り切りセックス相手募集 , 2021 All Rights Reserved.

援交相手探しでおすすめ☆
Jメールの公式サイト【18禁】